会社員からフリーへの転職に伴うデメリット

会社に勤務しているエンジニアも、時には別の働き方を考える時がある。
フリーランスとして働いてみたら、もっと充実した仕事ができるのではないかと想像する。
確かに、フリーランスエンジニアの働き方のメリットは多い。
組織に縛られず、思い通りに仕事が選べる自由さは魅力的である。

しかし、そのようなメリットばかりに目を向けて、フリーランスに転職しようと考えるのは問題がある。
フリーランスエンジニアとして働く事には、デメリットもつきまとう。
フリーランスに転職すると、直接仕事に関連する以外の業務も自らこなさなければならない。
クライアントとの交渉や経理、さらに雑用に至るまで、責任を持って全て処理する必要がある。
技術開発の仕事にだけ専念したいと考えるエンジニアにとって、他にすべき業務があるのは煩わしい。

またフリーランスとして働くと、収入が不安定になる。会社に勤めて毎月決まった給与が受け取れるわけではない。
仕事の案件が集中している時期は稼ぐ事ができるものの、一方で全く仕事が無い時期もある。
その為、トータルで見れば稼げているようであっても、いつも不安がつきまとう。
しかしこうしたフリーランスエンジニアの働き方のデメリットも、カバーする方法はある。
仕事探しや交渉、その他の雑用は、フリーランスをサポートするサービスに任せられる。
また、フリーとして転職したばかりの頃は収入は不安定ではあっても、固定客の獲得すれば安定を保つことができるだろう。
もし収入面で不安を感じるなら■■http://happyfreelancelife.com/■■コチラを参考にすると良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です