IT業界で活躍しているフリーのエンジニア

まずフリーランスエンジニアのデメリットは、社員と比べるとどうしても安定感がない部分である。
社員の場合にはある程度会社に守ってもらう事ができ、万が一の事態が発生してしまっても解雇される可能性が少ない。
しかし、フリーランスの場合には、誰かに守ってもらえるという事はまずない。
自分の実力で道を切り開いていき、多くの仕事を獲得しなくてはいけないので思っている以上に大変だ。
その反面活躍する事ができれば、多くのお金を貰えるのでハイリスクハイリターンの働き方なのだ。
活躍できる場面は何時でも発生しているので安心してもらいたい。

新しく仕事に参入する際、フリーランスエンジニアとして高い能力を持っていれば、当然多くの仕事で活躍できる。
一つの仕事に捕われるのではなく、言語やサーバーなど色んな能力が身につける事が大切だ。
一つの能力にこだわってしまうと柔軟性を持っていない為、仕事が枯渇してしまう可能性が出てくるのだ。

その為、フリーランスエンジニアとして働く場合は、最初がとても肝心なのである。
最初に仕事をする時、好印象を与える事ができれば、周りのエンジニアとの信頼関係を築きやすい。
戦力として活躍できるだけではなく、次の仕事にも繋げられるので重要な役割を持っているのだ。
特に多くの案件に携わっている場合、直接交渉する事ができるので他のエンジニアよりも自由に働けるメリットもあるのだ。
大変な状況ではあるのだが、一生懸命頑張れる方には多くのお金を得られる素晴らしい働き方でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です